猫と田舎で隠居

のんびり、田舎暮らしの独身アラサーです

断捨離からの、洋服の制服化

20代は洋服が大好きでした、将来は自分で個性的な古着の洋服のお店を持ちたいと夢見ていました、ねここです。

この頃は原宿系、古着、ギャル全盛期、エビちゃんOLで…アイメイクが濃く巻髪盛り髪、ファッションの流行りの多い時代でした。

私は原宿系古着系が好きだったので、色も多く、デザインも凝った洋服でした。

雑誌はZipperにSoupを読む。

ヘアは前髪半分金髪のマッシュ頭、ウルフにピンクのエクステメッシュなどやっていました…木村カエラさんやきゃりーさんみたいな。

その昔の私を知らない友人知人にはこの話をすると驚かれます、派手でしたよ~(´ω`;)

 

27歳あたりで、自分の好む男性のタイプと自分が釣り合ってないと気付き(笑)そのような動機で清楚系に走る。

暗めカラーにして髪を伸ばし、膝丈フレアスカート、ブラウス、カーディガン、パンプス…洋服の色は白、ベージュ、ピンク、グレーなど柔らかいものに。

雑誌はWithになる。

この変化時は友人にとても驚かれました(笑)そして別にそれでモテたりもしませんでしたがね!ははは!

 

30歳で断捨離に出会って実践して、『今着ないなら買わないし持たない』にし、そして心身の健康・猫・美味しいものにお金を使いたい…!と、好きなものが明確になり。

洋服を年齢・目的・清潔感という目的に絞ると、枚数も色もデザインもとてもシンプルになりました。

靴もバッグも可愛いだ着回しださし色だではなく、目的のみに絞る。

20代と比較して、洋服、バッグ、靴などのファッション類は3分の1程度になっています。

手持ちの洋服を大体把握しているので、新しい洋服が欲しいときに、それがどのくらい着まわせるか・似たものがないか・必要なのか欲しい欲だけなのか…を考えられるので、しっかり選ぶことが出来ます(^▽^)

 

そして何より、お気に入りのファッションだけが揃い、選択疲れが減りました。

同じ服着てても気にしません!言われたって思われたって気にしません!だってこれが好きなんだから嬉しいんですもの!!

ミニマリストの方まではいきませんが、減らしてよかったと私は思います。